花粉症の原因は、山間部や森林から飛んでくるヒノキ花粉やスギ花粉、その他植物の花粉にあります。
そのリスクは日本人全員に隠されており、去年までは全く症状が出なかった人々が、突然鼻水や倦怠感、疲労感に悩まされています。
都市部だからといって安心することは出来ません。花粉は風に乗ることで川や海を越えて、大陸レベルで飛散します。
また成人の間ばかりではなく、最近ではもともとアレルギー体質を持った子どもたちが、重度の花粉症に悩まされています。
元々生まれつきアレルギー体質を持っている子どもたちは、日頃から皆と同じ給食が食べられません。
蕎麦や落花生、バターや牛乳などのアレルギー体質は致命的なリスクですので、皆とは別の給食を食べる必要があります。
また地域によっては、アレルギー体質を持つ子供は弁当持参や給食を予め選別出来る等の処置がありますので、
親が以前のように神経質になる必要は減ってきました。
さらに幼児から通院出来る皮膚科もありますので、そこで適切なアドバイスも受けられます。

花粉症の方の中にも皮膚科のお世話になる人々がいます。
花粉そのもので肌がかぶれる事は稀有ですが、ストレスや外的要因によって皮膚科のお世話になる人々が近年増えつつあります。
ただ厄介な病気ではありますが、現在では子供から成人まで普通に服用出来る花粉症治療薬がありますから、
深刻に考える必要はなく、医薬品でカバーすれば良いだけです。
特に春休みや大型連休期間は花粉症治療薬が必需品です。
行楽シーズンという事もあり、家族で山や森林にキャンプに出かけられる方々も多いでしょう。
そんな時にも花粉症治療薬を常備薬として用意しておけば、突如発生した鼻炎にも、迅速に対処可能です。