花粉の時期は花粉症治療薬が欠かせません。花粉症治療薬を服用中であっても、花粉症の症状が完全になくなることはないかもしれません。しかし抗アレルギー薬の服用によって症状の軽減をすることができます。花粉症治療薬は薬によって眠気や倦怠感などの副作用を伴うことがあります。副作用の出方は体質によって異なります。副作用がほとんど出ない人もいれば強く出ることがあります。もし日常生活に支障をきたすほどの強い副作用であれば、薬の種類を変える必要があります。また花粉症の時期は体全体が非常にデリケートな状態になっています。たとえば普段は何を食べても問題がないのに、花粉症の時期は食物アレルギーが出ることがあります。たとえば牛油に反応してアレルギー症状が出ることがあります。牛油は脂身の多い牛肉に多く含まれています。牛油を摂取することで吐き気や頭痛などの症状が見られます。その様なときはすぐに食べるのをやめなければいけません。また気を付けてうっかり食べることのないようにする必要もあります。こうした食物アレルギーの場合、花粉症とちがって抗アレルギー薬を飲んで症状を抑えることは難しいと言えます。主にアレルギーの原因となる食物をさけることが一番の予防策になります。また場合によっては花粉症治療薬と別の抗アレルギー薬の相性が良くないこともありますので、独自の判断で服用することは危険です。アレルギーは一種の免疫異常です。たとえば人の体は異物が侵入してきたなら、排出しようとします。細胞膜には門衛の役割を果たす物質が存在します。体にまったく無害なものでさえ異物だと誤認するための排出しようとする働きが、アレルギー症状となって出ます。