花粉症はもはや国民病と呼ばれるほど多くの方が悩む病気になってしまいました。症状としてはくしゃみや水っぽい鼻水、涙が出る、目が痒いなどの症状があります。

重い場合には日常生活や仕事に支障が出てしまうほどの病気です。また、症状が軽くても、職場や学校などで鼻水などが出てしまいますと、集中力も落ちてとても困ります。

花粉症の原因はアレルギーです。アレルギーとは本来異物でないものを体の免疫システムが異物だと誤解して、攻撃してしまうことです。

花粉を洗い流して除去するために、鼻水などが出るわけです。

さて、このように花粉症はとても困るものですので、花粉症治療薬を使って対策するというのもおすすめの方法です。

一つには対症療法として、困る症状を抑えるという方法があります。花粉症で起きる炎症を鎮めるために、抗ヒスタミン剤などの抗炎症剤を使います。

こうした花粉症治療薬は手軽に使えるというメリットがありますが、花粉症そのものを治すことはできません。

次に、漢方薬も花粉症治療薬として使われてきました。たとえば水っぽい鼻水が出るという場合には小青竜湯などが選ばれます。

漢方薬のメリットとしては安全性が高く、長期服用にも向いていることが挙げられます。また、体質改善によって花粉症自体が大きく良くなるケースも有ります。

ただし、その人の体質に合わない場合には効果が出ないこともあります。

さて、花粉症治療薬として、最近注目の薬が発売されました。これはシダトレンという名前の薬です。その大きなメリットとして、花粉症を根本的に治せるということがあります。

そこが対症療法と大きな違いですので、シダトレンを使えばもう花粉症に煩わされない春を迎えることができます。

そのメカニズムとしては、舌下免疫療法というものを行います。スギなどの花粉に徐々に体を慣らすことで、花粉に過剰反応しないようにするという方法なのです。ただし年単位で使用しなければいけないというデメリットもあります。

▼速効性が高く持続時間が長いアレルギー治療薬
アレグラ
▼花粉症予防で売れている薬
ザイザルで花粉症を軽減しよう